シュネーバレン

Posted by arita | その他 | 火曜日 31 12月 2013 12:37 AM

こんばんは、店長の鳥木です。

今日は栄ゐ田の古くからのお客様のTさん御夫妻からお菓子をいただきました。

『シュネーバレン』ドイツのローデンブルクの伝統菓子で

平麺状の細長い生地をボールのように丸めて、油であげ、砂糖をまぶすと

まるで雪のようなことから、シュネーバレン『雪の玉』と呼ばれているそうです。

まだ、日本でも扱っているところが少ないお菓子だそうで、

今回は、ストロベリーとチョコクランチ、ナッツチョコと三種類いただきました。

握り拳くらいの大きさのシュネーバレンを袋に入れて、ハンマーで好みの大きさに

砕いて食べるというユニークな食べ方をするお菓子で、サクサクとした食感とストロベリー

チョコの甘みが、クセになるお味でした!

Tさんありがとうございました。

来年もまた栄ゐ田に遊びにきて下さいね。

20131231-003711.jpg

20131231-003739.jpg

20131231-003818.jpg

20131231-003842.jpg